本文へ移動

卒業生からのメッセージ

2017年卒業 小林舞夏 さん(白鴎大学足利高等学校 出身)

小林 舞夏
堀江病院 看護師 小林 舞夏 さん
 
看護師を志したきっかけ
子供の頃に憧れはありましたが、明確な進路目標がなく、高校の先生からの勧めで「看護師」という職業に興味を持ち、進学を決めました。
 
東群馬を選んだ理由、入学してみて
早く看護師になりたいという気持ちがあったので大学ではなく専門学校を選びました。具体的な進学先を選ぶ時に指定校制度があったことと、病院の奨学金制度が充実していたので東群馬看護専門学校を選びました。実際に看護学校に入学してみて、高校までの勉強とは違い、看護師になる強い気持ちがあったので苦手な勉強も頑張ることができました。
友人にも恵まれていたので勉強は本当に楽しかったです。実習も大変でしたが、絶対に休まないという強い決意があったので乗り切ることができたと思います。先生もよく指導してくれたので助かりました。
小林 舞夏
看護師になって
看護師という職業の責任の重さを感じています。患者様へのケアや薬の管理だけではなく、医師や薬剤師、理学療法士などとの連携も必要なので看護師としての仕事は本当に幅広いです。また、献身的な態度で看護師としてケアしている先輩の姿を見て、自分もそんな看護師になりたいと思っています。
 
メッセージ
進路を選択する時にいろいろ考えるかと思いますが、一度やるという気持ちになったらやり遂げる気持ちを大切にして、必ず目標を成し遂げて下さい。勉強に不安があるかもしれませんが、気持ちさえあれば全く問題ありません。頑張って下さい。
 
 
学校法人平成学園
東群馬看護専門学校

〒373-0829
群馬県太田市高林北町2134番地
TEL:0276-38-6200
FAX:0276-38-6201
TOPへ戻る